関東の様々なジャンルの風俗体験談です。

デリヘル激戦区

関東のデリヘルとなると、都市部にも該当しますので、当然風俗店の激戦区にもなります。それ故にメジャーなものからとことんマイナーなものまで、それこそ挙げてしまえばキリがないくらいに種類も数も豊富にあるんですが、都市部ならではの風俗店の一種として、外国人専用のヘルスクラブがあります。

その名の通り、日本人のヘルス嬢がお相手をするのではなく、外国籍の女の子がサービスをしてくれるのです。よく見かけるのは中国人や韓国人のヘルス嬢ですが、日本の女の子とはまた違った、エキゾチックな雰囲気を味わってみたい人には、嬉しい風俗店ではないでしょうか。

その他にもヨーロッパ系の白人風俗嬢が駐在しているお店があったりと、一言に外国人ヘルスと言っても様々な種類があります。楽しみ方は無限大にもありますので、外国籍の女性に興味がある方は、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。日本女性にはない楽しみ方、快感があるかもしれませんよ。

S嬢とM嬢

SM専門店は全国各地、どこの町にも点在していますが、宇都宮に関して言うならばその数も一際多いものがあります。SM専門店といえば、まず駐在しているのはS嬢とM嬢の二種類です。Sの人はM嬢にお相手をしてもらい、Mの人はS嬢にお相手をしてもらいます。

ここで気をつけるべきことは、S嬢とM嬢は料金が違うことがあるということです。これは事前にあらかじめどれくらいのお値段なのかを確認しておくことがありますね。

そしてS嬢は裸ではないので、初めての方は注意をしましょう。M嬢の場合は全裸が大多数ですが、その他にも縛りや首輪、手錠などのオプションをあらかじめ装備している場合があります。S嬢を利用する場合はその逆です。自分が手錠を掛けられたり、縄で縛られたり、首輪をつけられたりします。

昨今、このSM気質はメジャーにもなってきているので、普段表立って出せない方は、これを気に利用してみてはいかがでしょうか?新たな自分を発揮できるかもしれませんよ。

 

交際クラブを利用してみたら…

これまでは交際クラブというものを知らなかったのですが、利用してみると意外と良いです。料金が高く会員制という部分もあり、利用するまでのハードルが高いイメージですが、実際に利用するとなると非常に単純に楽しめます。入会するにあたって私が重要視した点は、ハイレベルなサービスを提供する店舗ではなく、一番安い価格で利用できる店舗を選ぶことでした。まず、交際クラブでは入会金というハードルがあります。これが高いです。年会費にはなりますが、3万円のところを選びました。3万であれば、1ヶ月あたり2500円です。こう考えると決して高いものではありませんし、普通のサラリーマンでも利用できます。安い店舗はそれだけ入会審査や利用のハードルが低い訳ですから、とやかく言われることもなくなるでしょう。交際クラブの場合は、入会金と紹介料と交際費を捻出できて初めて成立するものですので、有名所の店舗を選ぼうものならば、月に10万は遊ぶ金がなければ利用できない計算になります。こういう理由で富裕層向けな案内が多いんでyそうね。今回のケースでは、入会金こそそこそこしますが、紹介料は1.5万です。つまり、月に5万を捻出できればそれなりにしっかりとした利用ができる計算です。昔はどこのお店舗もやたら高く利用できるようなものではありませんでした。しかし、昨今ではパパ活といった言葉が流行ったりしているように、やや交際クラブの高級感も薄れつつある状況です。真剣交際を求める女性が多かった以前の状況と比べるとワンナイトを求めている女性が多く出会い系のようになってきている傾向がありそうです。交際クラブ側はそのような状況となることは意図していないとは思いますが、今では気軽に利用できてしまうサービスに変わりつつある時代なのかもしれません。男性も女性も求めている状況は同じだからこそと言わざるを得ませんが、出会い系のような駆け引きなく簡単にゴールにたどり着けてしまいそうな感じは良いのか悪いのかなんとも言えません。しかし、需要と供給があってこそのものですから、利用者のモラルで全てが決まってくる状況になっていそうです。
東京の交際クラブ・デートクラブ情報|プレミアム交際クラブガイド
 

最新体験談